庭園 2020.05.26

今年のツツジ・シャクナゲの様子「ご自宅で楽しむ庭園散策」&庭園ミニストーリー【15】大西洋航路と北米横断鉄道でたどり着いた西洋シャクナゲ

山のホテルは、新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴い、4/26(日)~5/31(日) まで臨時休館いたします。ホテル休館中は、庭園も入場できませんのでご注意ください。ご来園を楽しみにしていた皆様には大変申し訳ございませんが、どうぞご理解くださいますようお願いいたします。

外出を自粛しご自宅で過ごしておられる皆さまも、大きな不安やストレスを抱えていらっしゃるものと思います。美しいツツジ・シャクナゲの様子をご覧いただくことで、皆さまの気持ちを少しでも和らげることができればと考え、閉園中の庭園の様子を配信させていただくことといたしました。ぜひ、ご自宅で映像を介した庭園散策をお楽しみください。

新型コロナウィルスが終息し、また皆様とお会いできる日を心待ちにいたしております。
 

5/13(水)の、閉園中の庭園の様子を動画でご覧いただけます。

大西洋航路と北米横断鉄道でたどり着いた西洋シャクナゲ

シャクナゲは、大きく西洋シャクナゲと日本シャクナゲに分けられます。西洋シャクナゲを日本に初めて輸入したのが岩﨑小彌太男爵と言われ、そのシャクナゲがホテルのシャクナゲ園に多数残っています。

男爵はイギリスから船でシャクナゲを輸入しましたが、最初は赤道近くでほとんど枯れてしまいました。結局、イギリスから、大西洋を通り、北米の横断鉄道で西海岸へ運び、再び船で太平洋を渡り、北海道に着き、そこで、数年育てたのち、箱根に持ってきたようです。

ウィリアム・オースティンウィリアム・オースティン

ステラ・ウォータラーステラ・ウォータラー

「これからが見頃の花の紹介」

「ゴーマ・ウォータラー」「ゴーマ・ウォータラー」

おはようございます。庭園担当の大橋です。
今日は、これから見頃を迎える花たちの紹介です。まず初めに「ゴーマ・ウォータラー」という男爵が初めに日本に輸入したとされるしゃくなげがもう少しで開花しそうです。今月末か6月初旬に見頃となりそうです。次は、同じしゃくなげ園に咲く「カルミア」がところどころで咲き始めています。そして、チャペル横では「サンショウバラ」が咲き始めました。こちらのエキスを利用したフェイスマスクも販売されています。バラ園と下庭も次々開花を始めています。皆様にご覧いただける事を願っております。

 

「カルミア」「カルミア」

「サンショウバラ」「サンショウバラ」

「バラ園」「バラ園」

「紫陽花」「紫陽花」

月別アーカイブ